すでに何年も社の忘年会や年明け会に参加していません

独身の時は、会社である忘年会や元旦会には必ず参加していました。店先主催だと、元手は店先が担当できることが殆どだったし、店舗の者と生業以外で色々なネタができるので楽しかったからです。また独身時代は、ういういしいママがいるとリーダーらも喜んでくれていたので、よく飲み会に誘ってくれていました。
私自身はお酒はか弱いので、乾杯の時に口をつけたら殆ど飲まない状態です。単に美味しい料理に舌鼓を打っていました。
隣の席の者にお酌したり、遠い座席のCEOや常務にも率先してお酌をしに行きました。お酒の席だと、いつもより砕けた感じになって、開きが近り仲良くなったような気分になります。リーダーと仲良くしておくことは、公私ともにメリットがあるので、忘年会や元旦会は参列やるだと思っていました。
結婚してからは、店先の席に参加したり、周囲と外食することが無くなりました。裏付けの一つは、子どもが居るから。ちっちゃな子どもを残して、自分だけ外食するというのが、やけに心苦しく想う様になりました。外食するなら、みずからうまい物を食するのではなく、親子同一がいいと思います。
それに、帰りの時間も遅くなると、子どもと共にお風呂にも入れないし、寝かしつけることもできません。自分や店先の実態より、親子を優先するのが順当だと感じるようになりました。こんなに子どもや親子と共に居たいと思えるなんて、結婚前は発想もしていませんでした。結婚して良かったなぁ。と思います。タイプ別のお勧め脱毛サロン診断

すでに何年も社の忘年会や年明け会に参加していません

あの連載アニメにも掲載されていた脳裏暖まる漫画

私の好きなマンガはかわいがりてるぜベイベです。少女マンガのマンガりぼんで槙ようこインストラクターが連載されていました。
古くさいマンガではありますが、好きな方は多いんじゃないかと思います。私も高校年代どうしてもはまっていて今でも何回も読み返すほど熟読やる作品です。箇条は、主役です高校、結平のマンションに幼稚園児のゆずゆが一緒に暮らし、エネルギーを見るお願いです。結平は、ゆずゆが来る前まで女娯楽が熱くだら諦める高校でした。そんなところにおける日俄然従兄のゆずゆがやって来ました。流石、家庭はびっくりです。実の母親はどっかへ行ってしまい結平がなぜか保護者役に。そこから結平自信は生まれ変わったようにゆずゆのエネルギーを見ます。その姿は昨今でいうイクメンです。ゆずゆもとっても明るいのでエネルギーをみたくなるのも甚だしく知り、親視点でみてしまうこともあるほどです。ゆずゆのエネルギーを見るという話だけでなく、色恋談話もあり、結平にはこころ様というかわゆい亭主もいらっしゃる。その亭主に嫉妬をやくゆずゆの姿も可愛くて長所です。最終的には、ゆずゆの実の母親が迎えに来てお別れすることになります。その情景は何都度読んでも泣けてくる。ただし、ネクストジェネレーションではゆずゆからのお手紙がきてあり、結平のことを忘れていない対応、感謝していることが書かれていてなごみます。そうして、こころ様ともハッピーエンドになり、最後はものすごく気持ちよいに生まれ変われるのでぜひとも読んでほしいと思います。http://www.loslunasreads.com/

あの連載アニメにも掲載されていた脳裏暖まる漫画